3D-Viewでの見え方(ViewPort)を変更する

3DViewで編集時において、表示(見え方)を変更しながら編集したりしますね。
奥の線も見えたほうがいい時は「ワイヤーフレーム」で表示したいし、ざっとした見え方を確認したいときは「Solid(ソリッド)」表示したいです。そして、UVテクスチャを設定したときはどんなふうにテクスチャが貼られているか確認したいものです。

その表示方法を変更する方法は以下。

右の画像のボタンをクリックして、表示したい見え方を選択します。
上から、テクスチャ、ソリッド、ワイヤーフレーム、そして一番下がバウンディングボックス。

モデリング時には結構な頻度で切り替えます。この際なのでショートカットも覚えてしまったほうが楽です。っていうか、覚えたほうが絶対楽です!

  • ワイヤーフレーム↔ソリッド:「z」
  • ソリッド表示の時に「Alt+z」でテクスチャ表示

3D-Viewの見え方についてはこちらを参照ください

http://deskyg.com/?p=542(3D-Viewでの見え方)

3DCGソフトウェア「Blender」を使ったあれこれ+PHOTOGRAPH