Blenderで島根・出雲大社を紹介!

Blenderで島根・出雲大社を紹介!

Blenderで島根・出雲大社を紹介!
Blenderで島根・出雲大社を紹介!

以前より制作していた動画がようやく完成に至り、公開にこぎつけることができました。
地元、島根観光地出雲大社」をちょっと紹介する。というもので、フル3Dではなく、ビデオカメラ撮影した実写Blender制作したキャラクター合成するものです。本当は出雲大社だけでなく他にも数カ所の紹介をまとめて一つの動画にする当初の予定でしたが、製作中にとても時間的に難しい…ということに気が付きまして、その中でも一番有名であろうと思われる出雲大社に的を絞ってみたところです


制作は先に動画撮影から始めてしまい、かなり無駄に動画を撮影して時間を多く使ってしまいました。出雲大社には今年の4月後半~7月上旬にかけて2週間に1回くらいの割合で動画の撮影を行なっています。かなりのカットを撮影していますが、実際使ったのは数カットだけなんですがね・・・。

動画の撮影が終わってから、適当な長さに動画を加工し、各カット毎に分けてBlendファイルを創って制作を進めました。今回は1シーンでもかなり重いので1ファイルに複数Seaneを分けることはやめました。
そして、「あ」「い」「う」「え」「お」の口型や、スマイルやら、歩行のパターンアクションを作って、それを使いまわす…という感じでモーション付けを行ないました。で、
レンダリングがフルHDで行なっていてかなり時間を使っていまして、時間をムダにするわけに行かないので、レンダリングは寝てる間と仕事に行ってる間等の家で作業できない時間におこなって、これは結構スケジュール通りできた気がします。

そんなモーション付けとレンダリングを7月後半~9月初旬の約1ヶ月半行なって、それが終わってから、音楽探しと動画編集。これが約10日くらいかかりましたね。
そして最終は声の収録。一番初めの計画では誰かにお願いして… と思っていましたが頼むのも面倒になったので、「一人でどこまで出来るのか?」というチャレンジ心も芽生えてしまい、自分の声で収録^^;
MorpVOXJuniorというフリーソフトを用いて声を男→女に変換したものを録音しました。フリーだけあってクオリティ指定が低く抑えられていて、質はよくありません。
あと、自分の設定ミスで音割れがしてるんです。リアルタイム性は必要ないからもっと遅延を着にせずに質を上げればよかったと反省です。というか、やっぱ肉声に限りますね。機械で変換すると人間味がないっていうか、無機的な感じになりますね。
あとね、僕自身滑舌良くないので…聞き取りにくいのもあるし、音声のレベルがオーバーしている部分をカットするソフトがなかったので声の音声に波があって聞きにくいのが問題点でした…。

いずれにしても声に関してはほとんど考えてなくて、そこが反省といえば反省です。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3DCGソフトウェア「Blender」を使ったあれこれ+PHOTOGRAPH