背景が透明な画像を出力する

背景が一切変わらず、キャラクターだけが動くアニメーションを作ろうと思ったとき、制作アプローチのひとつとして

  • 背景1枚だけ用意する
  • キャラクターだけをアニメーションレンダリングする。

という方法がありますが、キャラクターだけをレンダリングするとき、そのキャラクターは背景より前に配置しないと表示されません。
その際、後ろの背景が見えないと困りますよね。そんな時、キャラクタ画像は透明付画像にするといいです。使いまわしもできますしね!

※以下方法はBlenderInternalレンダラの方法です。Blenderの新レンダラcyclesでは、やり方が違いますので注意してください…。

肝心なのは

  • Blenderでは透明を扱える画像形式で出力する
  • 静止画で出力する

というところ。

以下のようなシーンを出力します。
Blenderのデフォルトの初期画面ですね。

可視できるオブジェクトとして中心に立方体が、点光源で照らされ、それをカメラオブジェクトが撮影する。
という簡単な設定。

レンダリングイメージとしては中心に表示される立方体以外は透明でなければいけません。
透明の背景の画像を出力する_画像1

  • 「Render」タブの「Output」で出力フォーマットを「png」に指定する
  • その横にある「RGBA」を指定する

透明の背景の画像を出力する2
これで出力すれば、背景が透明な画像が出力されますが、ここで、もう一つ設定しておきたいものがあります。

透明な背景の画像を出力する3

それは可視部分と背景との境界線の色の計算方法。

  • Sky(指定した背景の色と混ぜ合わせたアンチエイリアスがかかります)
  • Premultiplied(背景を除いてアンチエイリアスがかかります)
  • Straight Alpha(アンチエイリアスかかりません)

の3種類あります。

どれを使用するかは、作る画像によって変わりますが、私は、Straight Alphaを使用することが多いです。

背景が透明になった画像が出来上がりました。
透明な背景の画像を出力する4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3DCGソフトウェア「Blender」を使ったあれこれ+PHOTOGRAPH