Blenderの日本語化

Blenderは元々英語圏のソフトなのでインターフェースは基本英語ですが、日本語化プロジェクトの進行などもあり、インターフェースのかなりの部分が日本語化されています。

この日本語化はバージョン2.49bで急激に進化したんですが、新インターフェースになった2.5では日本語化すらできなくなっていました。そして2.6から新たに日本語化が可能になり、またかなり進化した翻訳精度で戻って来ました。

もし、英語がどうしてもやだという方は日本語化に参画した皆様に感謝しつつ日本語化の恩恵をお借りしましょう。
ただ僕個人的には、英語のままのインターフェースのほうが好きなので英語のまま使用しています。

日本語化の方法

まず、File→UserPreferences を開き、System を選択。

International Font にチェックを入れると下のLungageのポップアップメニューが出てきますので日本語を選択。

その下にインターフェースとツールチップのチェックボックスが出てきますので両方にチェックを入れれば現段階でマージされている日本語が全て利用できます。

BlenderのUIが無事に日本語化されました。一部日本語化されていないものもありますが、3DCGの専門用語だったりすると逆に翻訳しないほうが良かったりするものもありますし、ここまで日本語化されていればそれなりに作業も出来ますね。

3DCGソフトウェア「Blender」を使ったあれこれ+PHOTOGRAPH